ニュース

【Update】scenario-designer ver 0.7.1 バージョンアップ情報(不具合修正)

    シナリオデザイナー ver 0.7 に不具合を確認しましたので、修正しました。修正点は下記のとおりです。ご迷惑をおかけしてしまい申し訳ありません。今後、機能追加とあわせまして安定性の向上にも努めてまいります。よろしくお願い申し上げます。

  1. Windows8.1 で動作しないケースを確認したので修正しました。Windows8.1 に関しましては、Windows8.0 から描画処理が変更されているようで、グラフィクスドライバーの更新が必要になることがあります。グラフィクスドライバーの更新は、デバイスマネージャーから下記の要領で行ってください。
  2. 【グラフィクスドライバーの更新方法】※詳細はこちらをご参照ください。

      

    (手順 1) WindowsOS の「デバイスマネージャー」を開いてください。
    (手順 2) 「ディスプレイ アダプター」の左側の「>」をクリックして、デバイスを表示してください。
    (手順 3) デバイス(デバイス名称はお使いの PC によって異なります)を右クリックして、コンテキストメニューを表示してください。
    (手順 4) コンテキストメニューから「ドライバー ソフトウェアの更新」を選択してください。
    (手順 5) 「どのような方法でドライバーソフトウェアを検索しますか?」と聞かれます。
    「→ ドライバーソフトウェアの最新版を自動検索します(S)」を選択してください
  3. シナリオ実行中に停止ボタンを押すとシナリオ実行を停止できます。シナリオ実行中に終了シーンに到達すると、シナリオ実行は自動終了します。自動終了した場合に、画面上に配置したボタン等の部品が編集できなくなる、あるいは、シナリオ実行開始ボタンを押したときにエラーが出る不具合を確認しましたので、修正しました。
  4. designer.exe をマウスクリックしてシナリオデザイナーを起動した時に、OS が警告を出す場合がありました。これは、designer.exe にコードサイニング証明書を付与していないために起こります。対策としまして、designer.exe にコードサイニング証明書を付与しました。