ニュース

【Update】scenario-designer ver 0.7.4 バージョンアップ情報

 まだまだ未熟なシナリオデザイナーではありますが、ご意見や感想をいただいております。本当にありがとうございます。現在は、皆様のご意見を元にして、少しずつですが、改良作業を行っております。前回の更新から間が空いてしまいましたが、今回は、下記の点を改良しました。

HiDPI ディスプレイ(4K モニター)上でのスケーリング表示に対応しました。
音声合成用のフレーズを定義できるようにしました。フレーズで定義した文章に対しては、アクセントの修正が可能となります。
ビジュアルプログラミング環境(ブロックを並べてアクションを作成する)を大幅に更新しました。以前のバージョンよりも、わかりやすい表現になるように心がけています。
初回起動時に、シナリオデータディレクトリを指定できるようにしました。

 今回のリリースでは、旧バージョンのデータを読み込めるようにできていません。この点は、現在対応作業を行っています。作業が完了するまでの暫定対応として、旧バージョンのシナリオデザイナーも引き続きダウンロードできるようにしています。ご不便をおかけしますが、ご理解いただけますと幸いです。

【開発者のコメント】

 コミュクラフトのプロジェクトを立ち上げようとしていた頃は、今と比べて、ビジュアルプログラミングは未だマイナーな存在だったと思います。現在は、雑誌に Scratch が取り上げられたりして、ビジュアルプログラミングの認知度も上がってきました。コミュクラフトのビジュアルプログラミング環境は Scratch よりも古い時代の表現方法であり、コミュクラフトリリース当初から、改修したいなぁ、という思いがありました。今回、ようやくモダンな表現方法になったと思います。

 ビジュアルプログラミングに関しては、今後は、下記の展開を予定しています。

音声合成のパラメタを設定するブロック / 3D モデルのカメラ、照明等を設定するブロック / 画面の部品を操作するブロック
ブロックを定義できるようにする機能 / コピーペーストできるようにする機能

 次回のシナリオデザイナーの更新では、インテント検出あたりをわかりやすい画面にできたらと考えています。キャラクタのモーション周りも早い段階で強化したいのですが、課題が山積みなので、モーション周りの強化はもう少し先になってしまうかもしれません。皆様からも、色々とご意見・ご要望があるかと思います。フォーラム を用意させていただきましたので、一言でも構いませんので、書き込んでいただけますと、うれしいです。

 Mac 版に関しまして、お待ちいただいている方には未だリリースに至っておらず、本当に申し訳ありません。5月には検証作業に入れると思います。進捗がありましたら、ブログなり Facebook なりでご報告させていただきます。今後は、もう少し積極的に、皆様に開発状況をお知らせできるように頑張ります。

 今後とも、コミュクラフトをよろしくお願い申し上げます。

コメントを残す